All posts tagged “起業家

起業家の心と向き合うサービス「escort」を立ち上げました

先月書いたこんな記事。「ハードシングスとメンタルヘルス」ちょっと前くらいから、このプロジェクトを進め始めていました。

本屋に並ぶ本も、SNSのタイムラインも、起業を含めて「挑戦」「行動」ばかりをうながす、煽る言葉に満ち溢れています。もちろん挑戦者は尊い。でも。夢が叶った一部の成功者の声ばかりが世には出るものの、叶わなかった、途中で挫折した、大多数の挑戦者の声はいったいどこへ。誰が拾い上げるのか。

挑戦を煽る一方、失敗した時は自己責任。それではあまりにも、社会として、生態系として、不健全だと思います。「失敗に寛容な世界を」とは良く聞く言葉ですが、挑戦をうながすことと、セーフティネットは表裏一体、セットであるべきだと思います。それが出来て初めて、挑戦する人が増えるのではないか

自分たちの目指す世界をつくる。起業とは究極のエゴだとも思います。そこには責任が伴う。ハードシングスの連続です。だが、誰にも相談できず、ギリギリまで踏ん張って、ある日突然ポッキリと心が折れてしまう。「起業家は強くあるべき」という空気のもと見過ごされてしまう。本当にそれで良いのか。

数多くの若き起業家と会って来ましたが、「もっと早く気づいてあげられたら良かった」そう思うことは多々あります。僕自身が弱さを抱え、それでも起業という選択肢に救われた人間として、起業を促す立場として、失敗した時に「起業は自己責任である」そんな無責任な態度はとりたくないと感じてました。

持続可能な社会を目指す起業家自身の、心の持続可能性を追求したい。やさしい革命を起こす革命家にとっての、やさしい世界をつくりたい。何かがあったときの支えになれるように、事業の成長を応援し、見守っていく。そういうプログラムが出来ないか、とコトリー櫻本真理さんに相談したのが始まりでした。

先んじてまずはNOWの投資・支援先起業家の皆さんに受けていただいたのですが、なんと満足度100%と言う結果に。

他にも、以下のようなコメントをいただいてます。

「自分の思考がきれいに整理され、話し合いを通じてチームビルディングや事業の方向性の悩みも解消されました。」
「課題の顕在化のプロセスにおいて自分ひとりよりもかなりフラットかつ迅速に表に出すことができた。第三者の目線を入れることでこれほどまでにスムーズに行くものなのかと驚きました。」
「自分自身や他の経営陣や従業員それぞれの得意不得意等の特性を相互に理解することで、ミスコミュニケーションや不信感等が減少し、信頼感が増すと感じた。起業家仲間にも勧めたい。」

僕はコーチングやカウンセリングといったものをこれまで警戒しているところもあった(上手く言えないのですが、自分を変えられてしまうのではないか、もしくは型にはめられてしまうのではないか、と言う恐怖心がなぜかあったのです…)のですが、僕自身、今回初めてちゃんとコーチングを受けてみて、客観的に自分自身を見つめ直すことができ、定期的に受けたいと思ったのは正直なところです。

「やさしさでつながる社会をつくる」を企業理念に、オンラインカウンセリングなど「メンタルヘルス x IT」の領域をやってこられたコトリーの皆さんと、ご一緒にプログラムをスタートさせていただけることが本当に嬉しい。ぜひ応募してください。サポーターも募集しています!

escort – 社会課題解決に取り組む起業家を「社会」が支える
https://es-cort.co

ハードシングスとメンタルヘルス

イーロンマスクのインタビューもあったけど、前々より進めている起業家のメンタルヘルスケアプログラム、少しずつですが前に進めています。丁寧に、かつVC同士協調しながら、ダイナミックにやっていきたい。起業家でもある僕が、投資先の起業家のしんどい気持ちを汲んであげられる部分でもあると信じて。

起業家のメンタルヘルス問題が、企業のリタイアの大半を占めると思うんですよね。もちろん心が折れてしまった起業家に「もっと頑張れ」なんて言うつもりは無い。ただ、心が折れる前に、ちょっとしんどそうだな、というタイミングから、ちゃんとケア出来ればまた違う結果になったのでは、という事も多い。

「起業家は強くなければならない」という外部のプレッシャーや起業家自身の思い込みも含め、それが起業家の心を追い込んでると思う。もちろん起業なんてハードシングスの連続だから、タフであることに越したことは無い。それでも心が弱った時に相談できる人がいるのといないのでは企業の生存率は大きく変わるのでは無いか。

‪まだまだだけど僕自身少しずつ臨床心理やカウンセリングの勉強を始めて、やはり”傾聴”こそが大事だなと感じる。自らの経験をもとに「これが正解だよ」なんてことを押し付けることなんてしたくない。とにかく傾聴して、コーチングをして、起業家自身が自ら答えを見つけられるようなプログラムを作りたい‬。

業を起こす

だから偉い、だから凄い、という訳ではなく、起業家とは、往々にして社会に馴染めなかった不適合者であり、むしろ自分側に社会を寄せることで、自分の信じる世界を実現しようとする人間なのだと思う。そういった意味で起業家とは業が深く、まさに「業を起こす」と書いて起業家なのである‬。

繰り返しになりますが、起業家とは別に偉くもなく、どこかで雇われて働くということが出来なかった、ただそれだけなのだと思います。どこかに就職して、日々目の前の仕事に向き合って働く、それはそれで本当に尊く、美しい態度だと思います。自分には出来なかった分、本当にそう思う。

戦うべき敵を見誤らず、ただ自分の描きたい世界を信じて、仕事に真摯に向き合っていけば良いのだと思う。それが起業という形であれ、就職という形であれ。

起業芸術論

村上隆さんはすべてのアーティストは起業家である、と言った。逆もまたしかりで、すべての起業家はアーティストであると僕は言いたい。時代の文脈の中で事業を立ち上げ、世の中に投げかける。文脈を欠いたビジネスは薄っぺらさがすぐにばれ、客に選ばれずに消えていく。

物も情報もあふれてる今、面白そうだとか儲かりそうなだけで立ち上げるビジネスは淘汰される。過去を学び、時代を読み、自分がやるから意義があるものを。IT化であらゆるビジネスの障壁が下がり、新規参入や模倣が楽になる。その中で選ばれるものは文脈を持ったものになる。

怒りやコンプレックスを原動力にして、アーティストが作品をつくるようにビジネスをつくる。コンプレックスはあればあるほどいい。資本主義というキャンバスに絵の具をぶちまける。起業なんて特別なことじゃない。ものをつくることは自由を手に入れること。

既存のビジネス書やスクールではこういった事はなかなか教えてくれない。「お金が教えてくれること」ではちょっと書いてるけど(ステマ笑)、Livertyでは若い子たちに起業の前にモノづくりの考え方から教えたい。芸術起業論ならぬ起業芸術論。

打席に立ち続ける

打席に立ち続けることが大事。本当にそう思う。打席に立ち続けて、振り逃げしてでも、デッドボール受けてでも塁に出て。それの繰り返しだよな。僕は投資する時には事業じゃなく人を見る。何をやるのかは正直あまり興味が無い。よそ見もせず心折れずに打席に立ち続けられる人間を応援したい。

結局、打率じゃなくて打数なんだよね。そりゃ少ない打席で一発ホームランの方がかっこいいけどさ、まあそんなのそうそうない。そもそも人生の中でそんなに打席に立つチャンスがあるわけじゃない中、選んでる場合じゃないよね。打率を上げようとするから、何も動けなくなる。打率なんて低くていいよ。

起業家なんて一発ホームラン狙いのバクチの様に見られがちだけど、結局最終的にちゃんと結果を出してるのってコツコツ打席に立ち続けた人。先ほどのインタビューの進太郎君だってそう。事業を撤退したりしながら最終的にバイアウトという大成功を手にした。そして二度目の起業を0からしようとしてる。

また辛い思いもするのにゼロから再度起業する。引退して悠々自適な生活だって送れるのに。もはや中毒。笑。そもそも仕事と遊びとプライベートを区別なんてしてないから、引退なんて発想が生まれない。芸術家が創作活動を一生涯続ける様に、起業家も事業を作り続けるんだろう。