All posts tagged “生き方

人付き合いとは面倒なもの

とある面倒事に巻き込まれイラっとしてしまったが、そもそも人付き合いとは一切の面倒を引き受けることなのだ、と思い出せた点で言えば感謝なのだ。巻き込まれたくなければ誰にも会わなきゃ良い訳だし、僕もまた別の誰かをイライラさせまくってる分(ごめん)、他人を許さなきゃね。まだまだ修行が足らぬ。… READ MORE

ネガポジ反転

仲間はずれにあえば「これから人目を気にせず何でもやれる」てことだし、「私なんて何も出来ない」と思うのは「だからこそ何だってこれから出来る」てことだし、就活に失敗すれば「就職以外の可能性が生まれた」てことだし、何事もまあ捉え方次第です。ネガポジ反転!… READ MORE

人生の転機

「人生の転機はなんですか?」なんて質問をされることがよくあるけど、僕には「いや、とくに無いですね…」としか答えられない。いつか女神が舞い降りて、自分の人生を変えてくれる、なんてことを信じてどうすんの?と思う。はっきり言って、転機と呼べるほどの出来事なんて、人生においてそうそう起きたりなんかしない。人はドラスティックな変化や出来事を期待するが、結局のところ目の前のやるべきことをやってくしか無いと僕は思う。… READ MORE

愛の反対

愛の反対は無関心、とマザーテレサは言った。つまり愛とは関心を持ち続けることなのだな。求めるのでは無く、関心を持ち続け、与え続ける。見返りを求めずに。世の中を見渡してみると、愛とは求める事だと勘違いしている人も多い。流行る恋愛ソングもそう。「会いたくて震える」どんだけ求めるんだ笑… READ MORE

絶望こそが美しい

人はすぐに何かを求めてしまう。金が欲しい、時間が欲しい、見返りが欲しい、自分だけを見ていて欲しい、良い人だと思われたい、助けて欲しい、恩返しして欲しい、幸せになりたい。求めるから、それが満たされない時に、人に絶望してしまう。僕はもう、人に何かを求めることはやめたよ。… READ MORE

骨を呑む

自分の生きてる意味なんて、死んだ後にしかわからない。生きてれば辛い事なんてたくさんあるけれど、それを意味あるものに出来るか出来ないかは、生きてる間に自分がどう動くか。同様に、身近な人の死も、結局のところ死んだ後にしかわからない。いなくなって初めてありがたみを知る。悲しいけど。… READ MORE

愛されゆるふわ独裁制

お前は人に伝えるプレゼンや見せ方をもっと考えたらいいのに、もったいない。なんて言われる。でもさ、最近よく見せる方法だけが先走ってると思うんだよね。それに、見せ方、見られ方なんてものを気にするから、最初の一歩を踏み出すのが億劫になる。周りの目を気にして何も出来なくなってしまう。… READ MORE

遅刻を出来る人は他人の遅刻にも寛大になれる

自己肯定ポエムです。あらかじめ謝っておきますごめんなさい。

遅刻は相手の時間を奪う卑劣な行為だ、なんてこと言う人いるけどよくわかんない。相手の遅刻を怒るよりは許せる人になりたいし、自分の遅刻も怒られるよりは許される人になりたい。一時間遅刻出来る人は、他人の遅刻も許せる優しい人になれる。他人にも自分にも優しく。… READ MORE

リスクをとらないことがリスク

やってみないとわからない事なんて世の中にはたくさんある。前のめりで突っ込みすぎて、でんぐり返った結果、ドブにはまるか、まっすぐ猛スピードで転がるかなんて、頭でどれだけ考えてもわからない笑。必要以上の想像力が、手かせ足かせになってしまう。頭でっかちになるな、転がり続けろ。… READ MORE

決断するということ

今日のランチを何にするか、といった小さなものから、今後の人生を変える様な大きなものまで、生きてく中で「決断」を求められることは多々ある。決断することを自意識過剰に悩んでみたり、人の決断を賞賛したり、人間は何でこんなにも決断が好きなのだろうと思う。… READ MORE

見えない編み目にフックをかける

この前の人生相談で苫野さんが「何をやればいいのかわからない、という子にはまず台所の掃除を勧める」と言っていたのが面白かった。この世の中には目に見えない網が無数に張り巡らされていて、何がフックになって引っかかるかわからない。掃除から何かが繋がり、やるべきことが見つかるかも知れない。… READ MORE

コンプレックスは共通言語である

人は大なり小なりコンプレックスを持つ。容姿や心、学歴や仕事、恋愛、そして過去。仮面を被り筋肉をつけ厚化粧をしバリアを張ることでコンプレックスを隠す人がいれば、逆にさらけ出して表現や笑いに変えたり武器にする人もいる。コンプレックスとは傷口であり、コンプレックスには匂いがある。… READ MORE

ダメ人間

ダメ人間について語る。僕は可愛がっている若い子達のことをよく「ダメな子たち」、仲の良い友人のことを「ダメ人間」と愛を持って呼びます。自分の事もそう呼びますが、他の人からは「そんな風に言うもんじゃない」と怒られたりもします。それでもあえてそう呼びたい。なぜか。… READ MORE

逃げ場としての学校

「家入の発言は、嫌でも毎日会社で社会を回して、神経をすり減らして生きている人の存在を忘れている」という意見をいただいた。なるほどなー。でも、忘れるも何も僕はそういった方々をむしろ尊敬しているし、そんな生き方を否定するつもりも無い。そもそも否定出来るほどお前は偉いのか。笑。赤の他人はともかく、友人が疲れてるなら「逃げてもいいんだよ」と声をかけてあげるよね。そのくらいの感じ。一般化出来ないのは自分でも解ってる。… READ MORE

片道切符

数ヶ月前に「何をやっていいのかわからないんです」と熊本から片道切符だけ持ってやって来た20歳の童貞君。父親に勘当されて家を無くした男の子。アフリカを数ヶ月旅をして自殺を思いとどまった子。様々な子が様々な想いを抱えてLivertyに入ってきたけど、みんなすごい勢いで変化し始めてる。… READ MORE