暗号迎春.錦鯉村民新年会オンラインカンファレンス2024年1月20日(土)にて、Web3とコモンズの未来をテーマに林 篤志氏と対談

【暗号迎春】錦鯉村民新年会
開催日時:2024年1月20日(土) 10:00-20:30
カンファレンス(オンライン)
▶基本情報
日時:1月20日(土) 10:00-18:00
開催場所:オンライン(YouTubeライブ)

▶登壇者

  • 伊藤穰一(株式会社デジタルガレージ 共同創業者 取締役 Chief Architect / 千葉工業大学 学長)
  • 家入一真(GMOペパボ株式会社 創業者 / CAMPFIRE 代表取締役)
  • Hashed Open Research(ブロックチェーン領域のシンクタンク)
  • モリシー(Good Job!Digital Factory)
  • 小雪(VOL DAO/Sandwishes Studio)
  • 西村真里子(株式会社HEART CATCH 代表取締役)
  • 渡邊 享子(巻組)
  • Eri(SINRA)
  • NORI(渋谷未来デザインプロデューサー/noriforce代表/Legitimate Head of Growth)
  • 水野祐(弁護士 / Creative Commons Japan理事 / グッドデザイン賞審査委員 / 慶應義塾大学SFC非常勤講師)
  • 施井 泰平(現代美術家 / スタートバーン株式会社代表取締役)
  • 竹内春華(ネオ山古志村 / 山古志住民会議代表)
  • RYU(ネオ山古志村)
  • 金光碧(bitFlyer Blockchain 取締役 / ネオ山古志村)
  • 天龍峡チーム(Local DAO 新地域候補)
  • 椎葉村チーム(Local DAO 新地域候補)
  • 高瀬俊明(クリプトヴィレッジ共同代表 / 株式会社TART代表取締役 / 株式会社paramita 取締役)
  • 林篤志(クリプトヴィレッジ共同代表 / Next Commons Labファウンダー / 株式会社paramita 代表取締役)

▶内容
テーマ:これからの地域のあり方をテクノロジーとアートの観点から考える

  • 地域:Nishikigoi NFTファウンダーチームおよび山古志住民会議の代表である竹内春華さんとともに、地域で活動されている方々をご招待し、実際の地域の課題や可能性についてお話いただけます。
  • クリプト:ブロックチェーン系シンクタンクであるHashed Open Researchをご招待し、国外からみた地域とクリプトの可能性についてお話いただきます。
  • アート:アートが持つ多様性が地域に息づくことにより、地域が持つ潜在力を最大限に引き出し、新たな文化を生み出しているその背景をお話いただきます。

▶タイムテーブル
9:30-10:00 YouTubeライブ開場
①10:00-10:30 Nishikigoi NFTから新年のご挨拶と今後の展望(林篤志・Toshi)
②10:45-11:45 Crypto×社会課題解決の最前線より(西村 真里子・渡邊 享子・Eri)
③12:00-12:45 デジタルに開く場のデザイン(モリシー・小雪)
④13:00-13:45 海外からみたローカルとNFTの展望(Hashed Open Research・NORI)
⑤14:00-14:45 NFTでつなぐアートと地域社会(水野 祐・施井 泰平・Toshi)
⑥15:00-15:45 Web3とコモンズの未来(家入 一真・林 篤志)
⑦16:00-16:10 ネオ山古志村(竹内 春華)
⑦16:10-16:20 天龍峡(松尾 智美・湯澤 英俊・折山 尚美)
⑦16:20-16:30 椎葉村(村上 健太)
⑧16:30-17:00 ローカルプレイヤートーク(竹内 春華・松尾 智美・村上 健太)
⑨17:15-18:00 Cryptoによって描く2024年(Joi・林 篤志・Toshi)

▼詳細はこちら
https://nishikigoinft-newyear-meetup.peatix.com/view