All posts tagged “震災

プラットフォームとしての態度

CAMPFIREの災害時の対応スピードが早いという有難いお言葉をたくさんいただいてますが、「こういう時に動かなくてなにがプラットフォームだ」という思いがCAMPFIREスタッフみんなにあります。現地の方々はもちろん、すぐに支援に動いてる皆さんのために何ができるのか。常に問い続けたいと思う。

支援する理由はそれぞれで良いと本当に思います。「やらぬ善よりやる偽善」なんて言葉もありますが、僕はあまり好きな言葉ではありません。善だとも偽善だとも分けず、ただ自分が応援したいからした、それで良いと思います。

あえて言いますが、これから起業したい子、既に起業してる子問わずプラットフォームをやってるのであれば、こういう災害が起きた時に無関心を決め込むのは、本当に格好悪いと思います。別に大小では無い、自分にできることをただやる、それで良い。それすらも表明出来ない起業なんか、やるべきじゃない。

エコシステムだ、生態系だ、シリコンバレーだ、とか言って、日本の緊急事態になにも動かない、動けないのは、それこそ「底が抜けた社会」でしかないよね。豊かさは実現したが希望の無いこの日本で、起業を通じて何もやれないのだとしたら、それは嘘でしょ。

あなたの起業する理由は、“伸びてる市場だから”ですか、それとも”自分の欲求を満たすため”ですか。もちろんそれは否定しない。賛同しないが、理解は出来ます。ただ、そんな思想無き起業は、僕は応援は出来ない。それを応援すべきは僕ではないが、別のコミュニティがあると思うので、そこに行けば良い。

皆さんもぜひご支援をお願いいたします。
【2018年9月6日発生 北海道地震】緊急災害支援金

想い続ける

地元の生産者の方々と交流をしながら、被災地の食材を食べつくすイベント、「解放食堂」を始めたきっかけは、高木新平と共に被災地を回った時の出来事でした。僕らは連日、地元の漁師さんが集まるようなスナックに行っては酒を浴びる様に飲み、ベロベロになりながら、ももクロなんかを入れて踊ったりしてたんだよね。地元のお客さんも巻き込んだりして。

ほんで、スナックのママに「もう帰りなさい」とか怒られて帰ろうとしてた時、お店の若い女の子が「今日はとても楽しかった、ももクロを踊れる日が来るとは思わなかった、地元の人間でもふざけたりしちゃいけない”空気”が震災後ずっとあったから…」と言ってくれたんだよね。

自粛や不謹慎と言った同調圧力の中で息苦しさを感じてる人たちもいるんだな、と。真面目に正しい応援をしている方々はたくさんいる、じゃあ僕らに出来る僕らなりの応援はなんだろう、と考えた。それで出来たのが「解放食堂」なのでした。

「支援はこうある”べき”」の”べき”を解放したかった。地元の方をお呼びして一緒に酒を飲んでバカになる。そういった会を定期的に各地でやってくことで、支援の輪を広げ、日々報道されなくなっていく震災のことを忘れずに想い続ける。僕らに出来るのは一方的に想い続けることなんだと思う。

東北で震災が起きた。でもそれは東京だったかもしれない。京都や福岡だったかもしれない。人生と同じで、理不尽な出来事はいつだって僕らの身に降りかかる。起きてしまったことを無かったことには出来ない中で、でもそれを次に繋げるためには、想い続けるしか無いんだと思う。

311

震災から二年。情けないことにこれまで直視することを避けて来た。そしてそれを悔やんでるけど時は戻らない。現地で目を見開いて、匂いを嗅いで、肌で感じて、これから僕が出来ることを形にしていきたい。二年前には持ってなかったものが、今はある。救うなんておこがましいけど、繋ぐ事は出来るはず。

石巻市の追悼式に行ってさ、僕の目の前にいるたくさんのじいちゃんばあちゃんの後ろ姿を見て「ああ、日本にはこんなにお年寄りがいるんだな」と思ったよ。いや当たり前なんだけど、普段見ているIT世界では接する事も無いからね。これからの社会でこの世代とどう接がってくかはとても重要だなと再認識。

不器用な子たちの受け皿、逃げ場としてのLivertyは、語弊を恐れずに言うなら社会的弱者の社会で、これはお年寄りが抱える問題とも近い話じゃないか。若者で社会をアップデートしよう!なんて考えがちだけど、アップデートも出来ず取り残される人たちがいる。どう繋ぐか。考えたい…

震災から二年。情けないことにこれまで直視することを避けて来た。そしてそれを悔やんでるけど時は戻らない。現地で目を見開いて、匂いを嗅いで、肌で感じて、これから僕が出来ることを形にしていきたい。二年前には持ってなかったものが、今はある。救うなんておこがましいけど、繋ぐ事は出来るはず。

被災された方、今も現地で踏ん張られてる方、復興支援をされてる方、全ての方が笑顔になる日が訪れますように。