All posts tagged “自由

奴隷の鎖自慢

奴隷の鎖自慢なんて言葉があるが、巧妙にシステム化・匿名化された現代では、自分を束縛しているものが一体何なのかに気づきづらい。束縛が一切ないことが自由なのでは無い、自分を縛り付けているものが何なのかを目を見開いて見つけ出し、その束縛の外に飛び出そうとすることこそが自由なのだ。

好きなだけ使えるお金

好きなだけ使えるお金があったとして、家入さんなら何をしますか?と聞かれたので、そんな中からは何も面白いものは生まれないと思うので、考えたこともありません、と答えた。だって本当に考えたことも無いもの。制限やハンデの中でこそ、クリエイティブなものは生まれると思うな。自由とは、束縛が無いことでは無く、束縛の外に出ようとすること。ただ、自分を束縛しているものが何なのかってのは、今の時代には見つけづらくなっているのかもしれない。

自由と責任

バーナードショーと言う作家がこう言ってます。「自由は責任を意味する。だからこそ、たいていの人間は自由を恐れる」責任とは自由に行動した結果発生するんですね。逆を返せば責任の無いところに自由は無いと。責任を負わない行為は安心ですが、安心はつまんない。

自分の望む自由な行為・選択の結果、親になる、部下を持つ、という責任が、安心との引き換えに発生します。責任が窮屈なのは当然なんです。放棄したらどうなるか。罰が当たります笑。はい僕も人のこと言えません…。罰当たり人生です…。では僕の良く言う「自由に生きろ」とはどう言う事か。

先ほどの言葉の様に、責任が発生するから人は自由を恐れる。でも行動する前から、その先にある責任を過大評価して身動きとれなくなってる人が多い様に思うんです。人は見えない不安を誇大妄想する。お化けの様に。でもやる前から責任やリスクを考えてたら何も動けない。

「責任を負わないことは自由に生きるということでしょうか」という問いへの答えとしては「責任とは自由の結果発生するものなので、負う負わないはまた別問題。ただ責任を放棄した場合、別の形で自由の束縛が訪れる(罰)ので結論としては自由では無い」

はい、お前が言うな感満載のポエムでした。

諦める自由

夢のために強いられる不自由もあれば、夢を諦めて得られる自由もあるね。どちらにしろ僕はあまり夢を語るのは好きじゃないです。中途半端な夢なんて持っても生き辛いだけ。夢がある事は素敵だと思うけどね。

数年後の独立なんて夢を見るくらいなら今すぐやればいい。欲しいものがあるなら時間かけて貯金なんてせずに借金してでも今すぐ買えばいい。とりあえず夢なんて手段問わずさっさと実現させてしまってから動けば良い。大事なのはその先でしょ。他人が夢見てる間にさっさと先に行っちゃう。

そう言う訳なので、夢を聞かれる事も多いけど「夢なんて無いです」と僕は答える。

自由のエッセンス

自由な働き方働き方と言ってるけど、働き方=生き方だと思ってる。今もし、何をすれば良いかわからない、前に進めない、という状態なら、僕に限らず色んな人の生き方を参考にしてみるのも手。もちろんエッセンスを抽出して自分の物にしなきゃいけないけどね。

自由って何だろ。場所、時間、人、金、僕らを不自由にしているものってたくさんあるよね。何から自由になりたくて、何を重要視するかは人それぞれ。考えるしか無い。義理人情、住居、時間配分、責任、仕事のつきあい。一旦どんどん捨てて、身軽になってみるとこから考えても悪くない。

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

人を信じる自由があれば信じない自由もあるし批判する自由もあれば批判を拒む自由もあるしブロックする自由もあるがブロックにより他人の知る自由を侵害してるとも言えるから、僕はブロックとかしない方針です、今のところ。

他人の自由を侵さない限り、僕らはもっと自由であっていいと思うのだ。気軽にtwitterでフォローしたり外したりする様に、属したり離れたり信じたり疑ったり自由にすればいい。そこに強制力があるべきじゃない。

レス>「もっと自由であるべき」そのこと自体には同意。けど、何をするにしろ自分の自由が他人の自由を浸食していることは自覚しなければならない。自由は「お陰様」で成り立っている。

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

諦める前の生き方相談室

自殺する大学生が1000人を超えたとか。そのうち就活苦が150人。辛すぎる。数十社あたって断られたりしたら、自分の存在を否定されてる様に感じるのは間違いない。もっと自由でいいんだよって誰かそばで言ってあげられたら良いね。

1Kをシェアして三段(三段!)ベッドで暮らしながらバイトしてる子や、目一杯休学してバングラデシュで活動してる子、色んな子が僕の周りにいて、自由だなあと思う。もちろん彼らなりの悩みや事情もあるんだろうけど、こんな風に就職しない生き方が選択肢にあれば、死を選ぶ事も無かったんじゃないか。

大学の他に働き方とか生き方を教える無料の学校があっても良いのかもね。啓発的かもしれないけどさ、それで生き方に選択肢を持てるならとても良いと思う。働き方なんかを考えるきっかけが無いまま就活が始まっちゃう仕組みはやっぱりどこかおかしいのかも。

本屋に行けば色んな生き方や働き方をしてる人たちの本がたくさんあるからさ、その中から自分の理想のロールモデルとなる人を見つけられると良いね。それが全てでは無いけどさ。

自分の生き方くらい自分で解決すべき、って意見も多いかな。僕もずっとそう思ってたんだけどさ、最近実際に悩んでる子たちに直面して、自分で答えを出せず、誰にも相談出来ず一歩も前にも後ろにも進めなくなってるのを見て、誰かが話し聞いてあげたり背中押してあげたりすべきだなって感じるんだよね。

という訳でとりあえず作ってみる!申請くるのか?相談くるのか?そしてちゃんと答えられるのか?また怒られるのか?わからないけどやってみる!悩める学生もお父さんお母さんお兄さんお姉さん役もがんがん申請してください!

諦める前の生き方相談室
https://www.facebook.com/groups/442610162429610/

新しい集団、Livertyを立ち上げました

Liverty

こんにちは家入です。この度、僕らは新しい実験をします。

普段は別の仕事を持っているメンバーが集まって、新しいビジネス・ウェブサービスを立ち上げまくる集団を立ち上げました。

「もっと自由に働きたい」この思いを持って、フリーランス、経営者、学生、サラリーマン、などなど色んな職種の人たちが集まりました。

退社後の時間、土日などの時間を使い、僕らは色んなサービスやビジネスを、ものすごいスピードで立ち上げます。

そのサービスから産まれた評価や利益は、メンバーで分配していきます。それが次の働き方、生き方につながる。

独立してもいい。起業してもいい。海外移住してもいい。引きこもってもいい。アーティストになってもいい。

色んな働き方が可能になり、色んな生き方を選択できる。僕らは解放され、自由に生きる事が出来る。

そこで「自由」「解放」を意味する「Liberty」に、「生き方」である「Live」を組み合わせて 「Liverty」という造語を考えました。

僕らもこの働き方を実践しながら、この考え方を広げる事が出来ればいいなあと思っています。

そう、僕らはもっと身軽でいい。

Liverty | Live in liberty.
http://liverty.jp/