All posts tagged “自殺

逃げるという選択肢

なぜだか今になって、2013年に書いた記事が最近バズっていた。
就活自殺

何度も言うけど、追い詰められたら人は簡単に死ぬよ。その死は自殺では無く、もはや他殺。立ち向かうなんてもっての他、追い詰める側が引かない限りは、とにかく逃げて自分で余白を作るしかない。そして、逃げた先でまたその後のことは考えたらいい。就活以外でも同じです。

逃げるという行為はネガティブにとられがちだけど本来自己防衛本能として正しい行動なんだよね。ウサギはあの耳で敵を察知して逃げるでしょ。逃げるな戦え、と言われ続けた僕らはきっと防衛本能が衰えてしまってるんだろう。僕は死なないために逃げ続けて今ここにいます。逃げるのは悪いことじゃない。

逃げて逃げて、居場所を見つけて態勢を整えて初めて、「さあ、さて次どうしようか」と、冷静に考えることが出来ると思うのですよね。人は本当に簡単に死んでしまう。逃げることを正当化するつもりはないが、生きる上で、逃げるという”選択肢”もあってもいいのでは無いか。

お前は逃げたその後にそれなりに上手くやってきたからそんなこと言えるんだ、と言われたら、はいその通りです、としか言えない。自分の成功体験から発言する以上、アドバイスなども含めて、すべての発言はポジショントークになってしまう。それでも、大人の提示すべきは、生きる上での選択肢だと僕は言い続けたい。

僕は「逃げろ」と言うだろう、ある大人は「戦え」と言うだろう、表面的には前者が優しそうだが、首根っこ捕まえて逃がさない方が本人のためになることもあるだろう、それでも僕は、”優しさ”とは自分が辛かった時にかけられたかった言葉を、いま同じ状況にある他者にかけてあげることだと信じています。

ましてや学生の時など、自分の見えている世界が狭すぎて、逃げるという選択肢すら自分の中に持てずに、心が折れるまで戦ってしまうことは多々あると思うのですよね。「学校か家か」「会社か家か」の二択しか無い世界では、今いる場所からこぼれ落ちまいと、必死でしがみついて、心が疲れきってしまう。

世間と社会

よく美談とされる「財布を飲食店に忘れて二時間後に戻ったけどそのままそこにあった、日本最高!」と言う話と、「妊婦が電車に乗ってて誰も席を譲らない、日本おわた」と言う話は実は同じで。日本人は自分の関わる「世間」の目は気にするが、自分と関係無い「社会」には無関心なのである。という話。

んで、これ実はよく日本人の言う「空気」いわゆるKY、同調圧力の話に繋がる。自分と関係無い「社会」には無関心だが、自分の関わる「世間」の目は気にする日本人。自殺も、イジメも、マイノリティが生きづらい問題も、全部ここに繋がってくる。

これは日本における宗教観も繋がってくる。キリスト教の絶対的な唯一神の前では社会も世間も相対化されるが、(建前上)無宗教の日本では世間の目が絶対化されてしまう。それがいわゆる「空気」となり、同調圧力となってしまう。

一周忌

昨日は(昨年11月当時の記事です)自ら命を絶ってしまった友人の一周忌なのでした。「こうしとけば良かった」なんて当時は悔やんだが、どれだけ悔やんだところで彼は戻らない。ただ僕に出来るのは、彼が自分で決めた彼自身の生の終わりを尊重することだけ。そう思うしかないよね。人には死ぬ権利がある。悲しいけど。そう思う。

かつてイケダハヤト君の「なぜ人を殺してはいけないか」という記事が話題になったけど、僕の答えは「人には自分の生の最後を自分で決める権利がある」からだと思うんだよ。殺人はそれを侵害する行為だから駄目なんだ。でも行き場を無くした子が自殺するのは他殺だとも思う。だから駆け込み寺を僕はやっている。

いじめや就活や過労などで人は簡単に自ら死んでしまう。そんな腐った仕組みの中で病んだ子を見過ごすのは、もはやそれは自殺では無く他殺であり殺人だと僕は思う。病んだり死んだりする前に、周囲に迷惑をかけてでも全力で逃げて欲しい。いじめは絶対無くならない。学校や会社以外の逃げ場が無いのが問題だよ。

みんな水際ギリギリのとこを歩いてて、ふとした瞬間にその向こう側に行ってしまう。そんな時周囲は救えなかった自分を責めたりするが、もうね、あっという間に人はあっち側に行っちゃうから、気付き様なんて無いんだよ。人は人を救えない。僕らにできるのは、逃げ場の余白を作ってあげることだけなんだ。

人は人を救えたりなんかしない。救おうとするから、救えない時に絶望してしまう。そもそもね、人を救うなんておこがましいと僕は思う。僕らにできるのは、一方的に、わがままに、見返りを求めず「思いやる」ことだけなんだよね。思いやって、話を聞いてあげて、逃げ場になってあげる。それだけ。

人は人を救えない。人は人と絶対わかりあえたりしない。僕はそう思って人と付き合うし、相談に乗ったりしてる。もうね、諦めの境地。笑。だってどれだけ相談に乗ってあげても、死ぬ時はあっという間に死んじゃうんだもん。でも、そんな諦めの境地からしか、逃げ場なんて作れないと思ってるんだよなあ。

そんなポエムを未だに書きながら、僕は生きながらえてるよ。友へ。

就活自殺

就職失敗で自殺する大学生が1000人を超えたらしい。

(2018年4月17日追記: 数字が不正確でしたので訂正の上お詫びいたします。2013年執筆当時に参照したデータとして、正しくは「大学生らの自殺、初の1000人突破、就職失敗による自殺者は150人」です。平成23年度 内閣府公表 警察庁「自殺統計」および、産経新聞記事より参照)

悲し過ぎる。80社に申し込んでダメだったら人格全否定されてる気にもなるだろ。雇用情勢がどうとかじゃなく、就活しない生き方をみんなに知って欲しい…死ぬほどのことじゃない。

就活という同調圧力の中で、追い詰められて、絶望し、死を選ぶ。もはや自殺では無く他殺。悲し過ぎる。就活に悩む子に、それでも頑張れ、なんて僕は言えない。就職なんてしなくても死にはしないよ。休学でもニートでも何でもいい、逃げて自ら余白を作らないと、追い詰められて人は簡単に死んでしまう。

終身雇用も年功序列ももはや成立してないこの時代に、未だに新卒一括採用をやってるのが信じられない。どこもやめないから、こうやって死者が出るんだよ。若い子がそこにのみ希望を見出そうとするから、叶わない時に絶望して死んでしまう。大人たちがそういう空気を作っている。もうやめようよ。

何度も言うけど、追い詰められたら人は簡単に死ぬよ。その死は自殺では無く、もはや他殺。立ち向かうなんてもっての他、追い詰める側が引かない限りは、とにかく逃げて自分で余白を作るしかない。そして、逃げた先でまたその後のことは考えたらいい。就活以外でも同じです。

逃げるという行為はネガティブにとられがちだけど本来自己防衛本能として正しい行動なんだよね。ウサギはあの耳で敵を察知して逃げるでしょ。逃げるな戦え、と言われ続けた僕らはきっと防衛本能が衰えてしまってるんだろう。僕は死なないために逃げ続けて今ここにいます笑。逃げるのは悪いことじゃない。

人は人を救えない

自殺願望のある友人を救うにはどうしたら良いですか、というお悩み質問が。人は人を救うことなんて出来ない。人同士はわかりあえない、という事を前提に、自分の態度を明確にすることしか出来ない。その友人に対しては「(あなたがもし死ぬと)わたしが悲しい、だから死ぬな」という態度をまずは表明する。

その自殺願望がいじめなど外部の原因からくるものであれば、それはもうもはや自殺では無く他殺。とにかく逃げろと伝えて欲しい。救うことなんて出来ないけど、「死ぬと俺が悲しい」と態度を表明すること、思いやること、助言をしたりきっかけを与えることは出来る。

人は人を救えないし、そもそも義務も責任も無いなかで出来ることは「おまえが死んだら、俺が悲しい」という態度を表明し、思いやることだけ。あとは友人が覚悟して選択した自身の生の終わりを尊重するしかない。自分の終わりを自分で決める権利はあると思う。悲しいけどね。

人を救おうとするから救えなかった時に絶望する。わかりあおうとするからわかりあえない時に絶望する。人同士は決してわかりあえないし、他人を救えない。それならせめて、「思いやる」という自分の態度を表明するしかない。例えそれでもダメでも、決して自分を責める必要はない。

わかりあいたい、という気持ちは「思いやり」のリターンを期待するから生まれる。期待するから、わかりあえない時に、絶望する。お返しを望むのでは無く、思いやった相手がまた別の相手を思いやれたらそれでいい。give&takeでは無くgive&given。「お互い様」ってそういうことだよね。

私とはなにか

平野啓一郎「私とはなにか」「空白を満たしなさい」読了。分人主義という考え方はとても面白い。人は多数の顔を持っている。友人に見せる顔、家族に見せる顔、恋人に見せる顔…。それらの顔は作られたり使い分けたり演じてる訳ではなく、どれも本当の自分だ。付き合う人間の数分、自分の分人がいる。

空白を〜では、自殺とは何かを分人主義で解明しようとしてる。自殺とは、死を切望する1つの分人を消す為に、自分の全存在を抹殺する行為なのではないか、と。自殺願望を持つ自分も、愛や希望の為に生きたいと願う自分も、全部本当の自分。たった一人の自分を消すために、全存在を抹殺する必要は無い。

人は様々な理由で死を望む。いじめにあったり、就活という同調圧力に負けたり、奴隷の様に働かされたり。死を切望する自分も1人の自分。だけどその1人の為に、全存在を抹殺しなくたっていい。死ぬくらいなら逃げろ。逃げて、また違う社会の中で新しい自分を作ればいい。

諦める前の生き方相談室

自殺する大学生が1000人を超えたとか。そのうち就活苦が150人。辛すぎる。数十社あたって断られたりしたら、自分の存在を否定されてる様に感じるのは間違いない。もっと自由でいいんだよって誰かそばで言ってあげられたら良いね。

1Kをシェアして三段(三段!)ベッドで暮らしながらバイトしてる子や、目一杯休学してバングラデシュで活動してる子、色んな子が僕の周りにいて、自由だなあと思う。もちろん彼らなりの悩みや事情もあるんだろうけど、こんな風に就職しない生き方が選択肢にあれば、死を選ぶ事も無かったんじゃないか。

大学の他に働き方とか生き方を教える無料の学校があっても良いのかもね。啓発的かもしれないけどさ、それで生き方に選択肢を持てるならとても良いと思う。働き方なんかを考えるきっかけが無いまま就活が始まっちゃう仕組みはやっぱりどこかおかしいのかも。

本屋に行けば色んな生き方や働き方をしてる人たちの本がたくさんあるからさ、その中から自分の理想のロールモデルとなる人を見つけられると良いね。それが全てでは無いけどさ。

自分の生き方くらい自分で解決すべき、って意見も多いかな。僕もずっとそう思ってたんだけどさ、最近実際に悩んでる子たちに直面して、自分で答えを出せず、誰にも相談出来ず一歩も前にも後ろにも進めなくなってるのを見て、誰かが話し聞いてあげたり背中押してあげたりすべきだなって感じるんだよね。

という訳でとりあえず作ってみる!申請くるのか?相談くるのか?そしてちゃんと答えられるのか?また怒られるのか?わからないけどやってみる!悩める学生もお父さんお母さんお兄さんお姉さん役もがんがん申請してください!

諦める前の生き方相談室
https://www.facebook.com/groups/442610162429610/