All posts tagged “出版

幻冬舎さんとJVを設立します

CAMPFIRE×幻冬舎 出版業界を改革する共同出資会社設立に関するお知らせ
幻冬舎さんとジョイントベンチャーを設立します。

深刻な出版不況が叫ばれる現代、 本はなかなか売れず、 書店のみならず、 本を作り流通させる出版社や取次会社にとっても厳しい現実がやってきています。 よく言われる「若者の活字離れ」とは、 真実なのでしょうか。 実際、 若者は毎日スマートフォンで文字を追っています。 本の情報が的確に届かない、 欲しい本があってもすぐ買えない。 これはネット時代において大きな変化を創造できなかった既存の出版業界のシステム全体の問題であります。 どうしたらもっと、 本というコンテンツを多くの読者に最適に届けることができるか。

株式会社エクソダスでは「クラウドパブリッシングプログラム」という、 オープンな出版を目指すプラットフォームを考えました。 一般のユーザーから、 フリーライターなどの個人事業主、 さらに出版社や編集プロダクションなどの出版を営む企業まで、 あらゆる人々にご利用いただける新時代の出版プラットフォームを提供します。

持ち込まれた出版アイデアをもとにCAMPFIREがこれまでに培ってきたクラウドファンディングのノウハウを使い、 さらにそこに幻冬舎の企画力や編集力、 宣伝力を掛け合わせることで、 全く新しい出版のモデルを構築します。

また、 出版に留まらず、 映像や音楽といった他メディアとのシナジーも踏まえ、 より作品が多くの読者のもとに届くよう、 様々なアプローチでバックアップする所存でございます。

さらにクラウドファンディングの活用に加え、 書籍出版の利益を支援者や制作に関わる方に還元する 「利益還元型出版」や、 仮想通貨におけるトークンを発行する「トークン発行型出版」なども検討していきます。

株式会社エクソダスは、 全く新しい出版業界のモデル構築を目指します。

「我が逃走」が出版されました

家入本新刊『我が逃走』(平凡社)5/25(月)発売!!

前作『こんな僕でも社長になれた』の後の約10年間を描いた、転落・逃亡・孤立を巡る物語。現在全国書店およびAmazonにてご予約受付中です。

▼Amazon購入はこちらから
http://www.amazon.co.jp/dp/4582824773/

装丁は水戸部功さん、写真は新津保建秀さんという素敵なカバーも出来上がりました。発売まであと少し。イベントなども企画して参りますので、どうぞお楽しみに!

<内容>

  • プロローグ
  • 第1章 こんな僕でも社長になれて
  • 引きこもりから、社長へ/ 順調な成長/幸せな家族との日々/思い出の中の喫茶店/初めてのカフェ/秘書・内山さんとの出会い
  • 第2章 上場に向かって
  • 上場への憧れ/二十代がリミット/ 戸惑う社員たち/外回りダイエット/そして上場へ/社長退任/CCOという閃き
  • 第3章 カフェ経営者へ
  • 新しい仲間たち/ 黒が基本のヒムロック/パーティカンパニー/「ハチマン」の日々と「ご出張」/ 代々木上原につくった〈iri〉/小さな軋轢/〈ie〉そして流れ者ケンさん/ 遅れてきた青春/店舗買収/ギャラリー即決/ 暗雲、それでも/チョイ悪、〈宇田川コロニー〉/イエローカード/「調子に乗ってる人」
  • 第4章 決壊
  • 歯車が狂っていく……/ 緊急会議/ 解雇通告/ 裸の王様/孤独な闘い/ 最後のメール/ 東京が、なんね……
  • 第5章 逃走とリハビリの日々
  • ネット漬け、そして「クラウドファンディング」/3・11 と家入砲/ベンチャーキャピタル「パーティファクトリー」設立
  • 第6章 「やさしいかくめい」の始まり
  • 「組織」をアップデート/「よるヒルズ」と新たな出会い/Live in liberty /「ビジネス」と「ストーリー」/駆け込み寺の夢と葛藤/地方がヤバい/ あのときの「傷」/村へ/BASEの成功と子供たち/二億円の出資
  • 第7章 都知事選、そして新しい「居場所」へ
  • たくさんの居場所がほしい/ 葛藤、そして/力強き参謀たち/出馬会見/たくさんのつぶやき/ 家入キャンプと震える手/清き一票を/終わりと始まり/ 母さんの声/売名行為と言われて/保留/ 唯一の逃げ場へと/ 鶴ちゃんとの日々/逃走の果て
  • あとがき
  • 解説 松山太河(ベンチャー投資家)

11165181_943416439014849_1160725065358732051_o

新刊「ぼくらの未来のつくりかた」

10364029 10152129267383316 5105848928879653347 n

10390115 10152129267458316 1439195187427091492 n

新刊「ぼくらの未来のつくりかた」出たよーーー!みんなよろしくです。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4575306681/
内容紹介
ひきこもりの経験から、「みんなの居場所をつくりたい」という思いで数々のビジネス、サービスを立ち上げてきた家入一真。
その思いを政治の世界で実現するべく出馬(そして落選)した東京都知事選を経て、この社会や政治の理想のありかた、
そして「ぼくらの未来のつくりかた」が見えてきた。
そのためのヒント、そしてこれから自分がやっていくことを語りつくした1冊。
「最新型の家入一真」の頭の中が、この中にぜんぶ詰まっています。
第1章
選挙に出てみてわかったこと
第2章
みんなの居場所をつくりたい
第3章
「ぼくら」って誰のこと?
第4章
この社会に足りないもの
第5章
すべての壁を越えていきたい
第6章
ぼくらの未来のつくりかた

新刊、お金が教えてくれること

今回の出版で三冊目なんだけど、やはり本を出すというのはとても面白い。本屋さんを通じて、これまで知り合いになり得なかった地方の方々と繋がり、ぼくという人間を知ってもらえる。電書の時代は間違いなく来るが、リアルな本と場所によるつながりはより貴重になってくんだろう。

お目当ての商品はAmazonや楽天で簡単に買えるけど、偶然の出会いがそこにはあまり無い。もちろんレコメンド機能なんかはあるけどね。何気なく訪れた書店で、何気なく手にした一冊が、それからの人生を少しだけ変えてくれることって、ある。その出会いはまだネットではあまり実現出来ていない。

ふらりと寄った書店で何気なく手にとった、知らない人の本。そこから始まる出会いがあることをぼくは知ってるし、そこを通じてもっと多くの人たちと繋がりたい。それはtwitterやfacebookだけではきっと一生繋がりようが無かった人たちなんだよね。手にとってくれた皆さんに感謝です。

進化

「livertyとか本出したりとか何か最近変な方向行ってない?」と言われる。カフェを始めた時も言われた。目の前の興味がある事以外見えなくなるからなあ。自分でもわかってるんだよ、でもそういうフェーズなんだ、って思ってる。きっとまた戻ってくるし、自分の中で点が繋がってれば大丈夫。

一つの事にぶれずに打ち込む人はかっこいいし超憧れるけど、残念ながら僕にはそれは出来なかった。だったら、ぶれを楽しめばいい。ぶれの振れ幅の中で、思考や感性や友人を拡張していけばいい。友人に「最近ぶれてるよ」と言われたら、それは進化だ、と言い返す。笑

そういったぶれの中でも変わらず付き合える友人が本当の友人だし、友人だからこそ、見守っていて欲しいよね。ちょっと付き合いの長い人たちが、僕のことを知った顔で陰であーだこーだ言ってるの全部知ってるんだよバカヤロー。笑。

新装版 こんな僕でも社長になれた 8月末発売!

「新装版 こんな僕でも社長になれた」
2007年に出版した著書がイーストプレスから再版決定。amazonでは予約スタートしています。1260円。9/1発売。書店によっては8/31から取り扱いスタート。
(解説文:佐々木俊尚氏、帯コピー:津田大介氏、装丁:水戸部功氏)

03c35fa84fd35127059b228104c27843

http://www.amazon.co.jp/dp/4781608558%3FSubscriptionId%3D0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82%26tag%3Dieiriblog-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4781608558

ソーシャルファイナンス革命

慎 泰俊(しんてじゅん)君の新刊。僕もクラウドファンディング、キャンプファイヤーについて語らせてもらってます。


ソーシャルファイナンス革命 世界を変えるお金の集め方

まだ僕は読めてないんだけど、慎君の前著も素晴らしかったので超期待しています。彼は投資のプロであり、LIVING IN PEACEというNPOも運営されてたりしてとても面白い。また読んだ後に感想をシェアしたいと思います。

また出版記念イベントを7/8に行います。
「これからのシェアのはなし」
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dDNkMDFvV180N2ROem0tc1hKYlp4T3c6MQ#gid=0

こちらも皆さんぜひ。

「動員の革命 – ソーシャルメディアは何を変えたのか」発売、他

津田さんと僕との対談も収録されている「動員の革命 – ソーシャルメディアは何を変えたのか」が発売されました。


動員の革命 – ソーシャルメディアは何を変えたのか

実はまだバタバタしていてちゃんと読めていないという…すいません。半分くらいまで読んだんだけど、面白い!モーリー・ロバートソンさんとの対談とかめっちゃ楽しい。時にはムーブメント起こしたい。読了したらまたちゃんとエントリー書きます。

僕は、津田さんと「ソーシャルメディアの力でマネタイズするには」について対談しています。楽しんで読んでもらえたらいいな。感想をツイートしてもらえたら漏れなく僕や津田さんのRTが付いてきます。笑

余談だけど、津田さんと会うのはとても久しぶりで、前回お会いした時は確かどなたかの結婚式で僕がベロベロの時…。なんかいつもベロベロですね。すいません。謝ってばかりだ。また飲みましょう!

津田さんの前著、情報の呼吸法もオススメです。ちゃんと読んだよ!

もひとつ。R25にも出てます。どうぞよろしく。

706d7c87971fded76321ed9f6689c3a9

こんな僕でも社長になれた、電子書籍で発売開始

逃げることは、決して悪いことじゃない。前に進めなくて立ち止まるくらいなら、全力で後ろ向きに走ればいい。尻尾を巻いて逃げてしまえばいいのだ。

5年前に出版した僕の本が、電子書籍になり再度発売されました。

こんな僕でも社長になれた(パブー電子書籍版)

貧乏、イジメ、登校拒否、ひきこもり、両親の離婚、月収6万で新聞配達〜paperboy&co.起業、東京進出へ…みたいな所までが収録されています。文字にするとなんか悲惨だね。笑。

実はその後、上場したり、上場した直後に辞めてカフェ事業を立ち上げてみたり、海の家で大損こいてみたり、六本木でうん千万飲んで金無くなってみたり、キャンプファイヤーを立ち上げてみたり、と色々とあったりして、人生って山あり谷ありで面白いなあって感じなんだけど、そこはまた別にいつか書籍化出来るといいなあとか企んでたりします。

僕の単著としてはまだこの1冊のみなんですが、今年これとは別に2冊ほど刊行する予定です。内容はまだ未定だけど。お楽しみに。詳細が決まり次第、またブログやTwitterなどでお知らせしていきます。

下記リンクは書籍版こん僕だけど、絶賛絶版中!プレミアがついててうける。書籍版もいつか他の出版社さんで出したいなあ。

他、僕のインタビューや対談記事が掲載されてる書籍。こちらもよろしくです。