All posts tagged “会社

「ここにいてよかった」と思える場所を目指して

7月に入り、CAMPFIREに新しい仲間が6人も増えました。トータル70人を超えるチームに。1年前は10人満たなかったのに、増えましたね。

仲間が増えるということは、とても、嬉しいです。会社を立ち上げ、経営する醍醐味といってもいいでしょう。自分1人じゃ決して出来なかったことが、みんなの力で少しずつ出来るようになる。表現の幅が広がっていく。子供の頃にみたクレイアニメのように、仲間が1人増えるたび、その色が混じりあい、組織全体の色もまた変わっていく。そんな感覚です。

それと同時に、気が引き締まる瞬間でもあります。会社とは人生の中でかなりの時間を占める場所です。そこで働く1人1人の人生に与える影響も少なくないでしょう。経営者として、責任を感じます。

語弊を恐れずにいうと、僕は会社とは「スタッフのためにある」と本気で思っています。僕らは「小さな火を灯す」という標語を掲げて、クラウドファンディング事業などを行っています。そのためにはまず、僕ら自身が小さな火を灯し続けなければならない。

生きてるといろんなことがあります。仕事でもプライベートでも、時には理不尽な目にあい、人生が辛くなってしまうことは多々あります。小さな火が消えそうになってしまう、そんな時、「ああ、ここにいてよかった」と思ってもらえる居場所でありたい。そういう居場所を作ることが出来て初めて、僕らのミッションである「世界中の誰しもが声をあげられる世界を作る」ことが出来るのではないでしょうか。

高度経済成長を経て豊かさは実現したが、少子高齢化などで長期的には衰退をしていくこの国の将来を考えると、会社が担う役割の大きさは増えていく一方だと思います。国や行政が従来担っていたセーフティネットも縮小し、社会からこぼれ落ちる人が増えていくでしょう。心の問題も増えていくと思います。収入格差や機会格差も広がっていくでしょう。そんな時、広がる格差の底にいる人たちの側に常に立っていたいと思います。

課題先進国とも言われる日本の、そういう一つ一つの課題に向き合うのが僕らの仕事です。そんな僕らのいる職場、そこもまた、課題解決に向き合う居場所の一つであるべきだと考えています。働き方の多様化、心のケア、シングルマザー・ファザーの働きやすい環境づくり、などなど…やるべきことはたくさんあります。

CAMPFIREの行動指針であるCAMPFIRE WAYの一つにこういうものがあります。「人に優しくあろう。痛みを知っているからこそ、失敗を過去にしたからこそ、他者に優しくできる。」お互いに優しくあれる、そんな会社でありたいし、常に心がけていきたいと思っています。

気軽な内容にするつもりが長くなってしまいました。

デザイナーのワディ、てっちゃん。エンジニアのちーちゃん。ディレクターのさささん。グッドモーニングのすぐるん。人事総務のたてやん。CAMPFIREへようこそ。
これからどうぞ、よろしくね。

CAMPFIREでは随時エンジニアを募集しています!

ガタついた歯車

社会不適合者しか入れない組織作る。

学校にしろ会社にしろこぼれ落ちちゃう子は今のシステムとの相性が悪いだけで裏を返せばどんな人間とも代替不可能なヒーローになる可能性を秘めていると思います。今のシステムでは会社にしろなんにしろ面倒臭い人間を入れた担当者が叱責を食らうので無難な良い子だけが組み込まれてく仕組みになってる。

歯車という例えは適切では無いかも知れないけど、今のシステムに適合する歯車は誰とでも代替可能で、いつでも交換されてしまう。システムに合わないガタついた歯車だからこそ、そのガタつきが生きる場所が見つかれば、それこそそのガタつき故に、どんな誰とも交換しづらいものとなる。と思う。

与えられた居場所で生きて、今度は居場所を与える側になっていけばいいのだと。かつての自分の様な人間に対して。

強さでしか生きられない社会から振り落とされてもなおそんな人間に強さを求めるというのは酷な話で、弱い人間が弱さ故につながり生きていく社会がぼくは美しいなと思うのだけど。淘汰を生まない仕組みこそが、人間の生存戦略だったはずだしね。

淘汰を容認するということは、自分もまた淘汰される側にいつだってなり得るということです。そんな社会は底抜けだろう。

大きなもの

「人生そんなもんだよ」と諦めにも似た空気の中で生きてくのまじ辛い。学校にも会社にも国にも家庭にも至る所にそういった空気が蔓延している。自分の人生、そんなもん、で片付けられちゃ堪んない。

「大きなもの」に依存しない道を選ぶならゲリラ的に戦っていくしかない。ありとあらゆる常識を疑って、思考を他人に委ねず、「社会ってそういうもんだ」という思い込みをぶち壊す。学校も会社も国もそんな空気で固められてしまってる気がするよ。

プロ野球>草野球?

「家入さんの考え方って、適材適所でチーム(会社)組めば甲子園で上位狙えるのに草野球のトップで満足させるようなもんだと思う」と意見があったけど、何をどうとったらそうなるんだろうな。個々の価値を高めて、自分の武器を持って、いつでも一人で戦える事がこれからは必要だよね、とは言ってるけど。

あえて言うなら、プロ野球選手になるより、自分の強さを活かした草野球チームを自分で作っちゃえばそっちの方が自由で楽しいじゃん?的な。そして、みんながみんなプロ野球選手になれる訳じゃない中で、そんな道もあるよね、的な事を言いたいかな、僕は。

結局のところ、僕は別に無理に起業しろとか、会社を飛び出せって言いたい訳ではなくて、こんな生き方もあるよ、もっと自分の可能性を信じてもいいんじゃない、って選択肢を用意したいだけなんだよ。サラリーマンを否定するものじゃない。戦後の日本を支えたのは彼らなんだよ。尊い。

そうは言っても、大企業があっさりと倒産しちゃうこの時代、自分が信頼して身を捧げた愛する場所がいつ崩壊してもおかしくない。いつ放り出されても良い様に、自分なりに考えて動いて、自分や家族や愛する人の為に最低限守らなきゃいけないものを守る力を身につける事って大事だよね、って言いたいだけ。

まあこんな事を連日言うのも恥ずかしいし実際のダメ人間な僕を知ってる人からしたらお前が何言ってんだって感じなのもわかってる上で言うけど、こんな事言える立ち位置もレアだしポジショントークな部分もそりゃあるよ。言っちゃいけない事なんだろうけど、それを含めて僕だから。

自分の中の二律背反を認め、許し、受け入れる。正解なんて無い。