All posts tagged “プラットフォーム

プラットフォームとしての態度

CAMPFIREの災害時の対応スピードが早いという有難いお言葉をたくさんいただいてますが、「こういう時に動かなくてなにがプラットフォームだ」という思いがCAMPFIREスタッフみんなにあります。現地の方々はもちろん、すぐに支援に動いてる皆さんのために何ができるのか。常に問い続けたいと思う。

支援する理由はそれぞれで良いと本当に思います。「やらぬ善よりやる偽善」なんて言葉もありますが、僕はあまり好きな言葉ではありません。善だとも偽善だとも分けず、ただ自分が応援したいからした、それで良いと思います。

あえて言いますが、これから起業したい子、既に起業してる子問わずプラットフォームをやってるのであれば、こういう災害が起きた時に無関心を決め込むのは、本当に格好悪いと思います。別に大小では無い、自分にできることをただやる、それで良い。それすらも表明出来ない起業なんか、やるべきじゃない。

エコシステムだ、生態系だ、シリコンバレーだ、とか言って、日本の緊急事態になにも動かない、動けないのは、それこそ「底が抜けた社会」でしかないよね。豊かさは実現したが希望の無いこの日本で、起業を通じて何もやれないのだとしたら、それは嘘でしょ。

あなたの起業する理由は、“伸びてる市場だから”ですか、それとも”自分の欲求を満たすため”ですか。もちろんそれは否定しない。賛同しないが、理解は出来ます。ただ、そんな思想無き起業は、僕は応援は出来ない。それを応援すべきは僕ではないが、別のコミュニティがあると思うので、そこに行けば良い。

皆さんもぜひご支援をお願いいたします。
【2018年9月6日発生 北海道地震】緊急災害支援金

リバ邸が法人化します

リバ邸が会社になります。リバ邸2.0の始まり

リバ邸への思いを語りました。ライフワークとしてこれまでも、そしてこれからも継続していく居場所作り活動のひとつを、バトンという形で次の世代に渡したいと思います。

リバ邸を地域・海外で立ち上げたい子、リバ邸本部の運営に関わってみたい子は、記事最期のコンタクトフォームからぜひ連絡してください。

そしてこれはまた後日発表しますが、リバ邸をプラットフォームにしていきます。

CASHというモデル

CASHという天才的なモデルから学ぶこととしては、現状のCtoCモデルが一旦終焉に向かってるのではないかという仮説。つまり、出品者に対しての「売れるも売れないもあなた次第」という態度が機能不全を起こし始めているのかも。メルカリに出すのすら面倒くさい人という人が実は多いという事実。

これはメルカリに限らずあらゆるCtoCビジネス、もちろん僕らのクラウドファンディングなどについても言えることなので、さらなる考察が必要ですね。

例えばクラウドファンディングなら先にお金をプラットフォームから都合つけてあげる、クラウドソーシングならあらかじめプラットフォーム側でクラウドワーカーの時間を買いあげておいて、後ほど配分する、などですね。お金の流れがさらに変わる。

※あくまで仮説であり考察なのでディスとかではないです…!

【九州北部豪雨災害】緊急支援金募集

2017年7月5日からの豪雨により、九州の各地で多くの被害が出ています。CAMPFIREは、被災者支援を目的に緊急支援の募集をしておりましたが、おかげさまで支援金が600万円を超えました。ありがとうございます。この支援に際しては弊社にて全額手数料を負担し、みなさまから集まった支援金の全額を被災地に届けます。

熊本の震災の時もですが、プラットフォーマーである僕ら自身がこうやってプロジェクトを立ち上げることに社内でも議論はありましたが、1日でも早く支援するためにまずは動こうという結論になりました。今後はこういった緊急事態にすぐに動けるようNPOさんとも連携して体制をつくっていきたいです。

今回の件に限らず、倫理的な面や表現の自由など、プラットフォームとしてどうあるべきか、どう振る舞うべきか、は度々社内でも意見が分かれ激しい議論になることも多いですが、思考を止めずに、正解を出さずに、議論を続けていくことがとても大事だと考えています。

引き続き応援をどうぞよろしくお願いします。

【九州北部豪雨災害】緊急支援金募集 – CAMPFIRE(キャンプファイヤー) http://camp-fire.jp/projects/view/35860

平等と公正の違い

平等と公正の違いで使われるこの図。プラットフォームとしてのあり方も左から右の図へと移行してきている。ツイッター社がヘイトスピーチへの対策を発表するなど、プラットフォームにおける”公正”とは、時代と共に変わっていくものだと思う。

プラットフォームを運営する僕らとしてもまた、公正とは何かを常に問い続けなければならない。公正とは全てのユーザーに等しく同じルールを強いることではなく、個々のケースで柔軟に対応し必要であれば手を差し伸べることなんだろう。それがたとえ不公平だと言われるのだとしても。

それはある種、国の枠を越えて広がっていくプラットフォームにおいて、国家的な役割が求められ始めてるということでもあるんだと思う。

国全体をプラットフォームに

リバ邸の公式サイトが出来たのだけど(http://liverty-house.com)現時点で国内に12箇所、立ち上げ中が国内外で13箇所もある。そんなにあるのか笑。可視化されて横に連携されてくといいな。いつか全国行脚したい。NPO化も進めてます。

現代の駆け込み寺リバ邸も含め、全国に居場所をつくるということは、つまり国全体をプラットフォームにしてしまおうということなのだ。日本全国居場所計画。

全国に住居兼ゲストハウスが出来たなら、あとは続いて学びの場を作りたいね。現代の寺子屋。全国のリバ邸をサテライトにしたりして。

“国全体をプラットフォームにする”って自分で言っといて何だけど、よく意味がわからないが何だかワクワクに繋がる発想な気がする。個人的にね。

studygift再挑戦

【本日ティザーサイト公開!】”studygift” 学びたいけどお金がない。お金がないから進学、留学をあきらめないとならない。そんな学生さんに、クラウドファンディングを通じ、必要な資金を集めるサービスです。 http://studygift.net/

途上国への支援も大事だけど、それより何より、国内の貧困学生をなんとかしたい。日本の未来を担う存在だからさ。働いても働いても本を買うお金すらありません、そんな学生の何気ない一言から始まりました。前回とは仕組みを変えて再チャレンジです。

学費支援プラットフォームstudygiftを立ち上げようとしたきっかけについては、昨年の僕のブログのエントリーをご覧ください。その後至らない点もあり炎上など紆余曲折ありましたが、当初の想いは変わってません。
参考: https://ieiri.net/archives/2633

不透明性の排除、顔の見える支援の仕組みは維持しつつも、学生への集中放火が集まらない仕組みづくり、エントリーシートやプレゼンによるある程度の審査など、仕組みを大幅に変更することで、新しい学費支援の形を作っていきます。全学生を救えるなんて思ってませんが、一部の子だけでも学ぶ機会を提供できたら。

今だからこそ出来る新しい学費支援の仕組みを作りたい。誰に渡るのかわからない様な寄付の仕組みを変えたい。一人でも多くの貧困学生を掬いたい。学生を応援することで大人と学生を繋ぎたい。繋がることでその子が人生に迷った時に相談できる大人を増やしたい。そして何より個人的なリベンジでもある笑

studygiftは失敗でしたね、なんて良く言われたが、僕は失敗なんて思ったことはない(もちろん至らない点は反省しつつ。)何故ならいつか再開するつもりだったし、成功するまで諦めない限り失敗にはならないんだよ。諦めた時点で始めて失敗なんだ。という訳で再挑戦です。応援お願いします。

あと前回支援していただいた方々。色々と相談に乗っていただいた有識者の皆様。ブログで建設的なご意見をくださった方々。そして迷惑をかけてしまったみんな。皆様に感謝しつつ。再オープン時にはまた連絡させていただきます。本当にありがとう。

曖昧になる世界

不安定な世の中、ソーシャルの浸透、グローバル化などであらゆる境界線が曖昧になる中で、自分を中心とした小さなコミュニティを作ろうとする動きが増える気がする。シェアハウスや私塾といったものもきっとそうだろう。会社や学校、国といったものが自分を守ってくれないことを知ってしまった。

頼りになると信じてたものが、あっけなく不景気や地震で壊れてしまうことを知ってしまった。いじめから学校が守ってくれないことを知ってしまった。鬱や過労死からも企業は守ってくれないよ。逃げ遅れる前にダッシュで逃げる。命を失うくらいなら立ち向かわなくていい。逃げた先に居場所を作ればいい。

最近感じるのはLivertyは自分の居場所を作るためのプラットフォーム型組織になりつつあるということ。自分の居場所を作るための場所。ある子は勝手に仲間を集めてウェブサービスを始めるし、ある子はシェアハウスを始める。自分なりの場所を模索しながらLiverty内で作りはじめている。

自分を中心とした小さなコミュニティを作り、承認欲求を満たしてく。会社や学校といった昼の顔とはまた違う別の顔を持って、仲間と一緒に複数のプロジェクトを立ち上げていく。それがある種のセーフティネットになり得るんじゃないかなと。Livertyの中でそういった動きが少しずつ出始めている。

本来なら学校や地域社会がそういった場所だった。その場所がいま無いのなら、ぼくらが作ればいい。逃げ場としてのコミュニティ。