All posts tagged “ビジネス

表現としてのビジネス

「この時代に、自分はこう思い、こう表現しました」という形が、ある人は歌であり、ある人は絵画であり、ある人は映像であり、その延長線上にビジネスはあるのだと信じています。社会が大きな池だとするならば、そこにどんな石を投げ入れるのか。その投げ入れて起きた波紋こそが表現なのではないかと。

この時代に、何を感じ、何を信じ、何のために自分は動くのか。その本質からぶれさえしなければ、何を表現とするかは自由なのだと信じたい。

「身近な誰か」に向けて「手紙を書くように」作るサービスのほうがいい

僕はこれまで「ロリポップ」「CAMPFIRE」「BASE」などのサービスを立ち上げてきました。ご存知の人はわかるように、僕が作る、もしくは立ち上げに携わったサービスは、すべて地味なんです。全然ハデじゃない。

なぜ地味になってしまうのでしょうか。もちろん、そもそも僕自身が地味だということもありますが、何より、ややこしくない、シンプルなビジネスが好きというのがあると思います。

たとえば、ペパボ時代に立ち上げた「ロリポップ」は、月額250円でサーバーを貸します、というものでした。これは、「使う人からお金をもらう」「その対価としてサーバを貸す」というものであり、構造が非常にシンプルでわかりやすいのです。

逆に、最近よく耳にするような、アドテクのようなビジネスは、なんだか複雑っぽいし、あまり理解できていないこともあり、よくわかりません。

そして、シンプルなビジネスが好きな理由が、もう一つあります。

身近な人へ手紙を書くようにサービスを作る

サービスやビジネスを作るとき、僕が大事にしているのは、

「身近な人の顔を思い浮かべて、手紙を書くように作る」

ということです。

「BASE」を例に挙げると、このサービスは、代表である鶴岡くんから「実家の母親がネットショップをやりたがっているけれど、どうすればいいかわからず困っている」と聞き、

「もしかすると、鶴岡くんのお母さんみたいな人が世の中にたくさんいるかもしれない」
「鶴岡くんのお母さんが喜ぶサービスを作ろう」

という発想から誕生しました。

となると、「BASE」を作るうえで、常に「これは鶴岡くんのお母さんでも使える機能だろうか」「これはわかりにくくないだろうか」ということを、一つひとつ考えることになります。特定の身近な誰かを思い浮かべて作るということは、ターゲットもニーズも(本当はターゲットやニーズなんて言葉は使いたくないのだけど)、はっきりしているということです。ゴールも見えているので、どうしてもシンプルなものになります。

いわゆる「20代女性をターゲットにして」みたいなやり方では、僕には「このサービスを必要としている誰かの顔」がどうしても思い浮かばないのです。輪郭がぼやけたまま作ると、結局、誰にも刺さらないものができあがってしまいます。

ちなみに、サービスを作るときはマネタイズも並行して考えます。ガチガチに固まったものではなく、ぼんやりと「このへんでマネタイズができるといいね~」程度です。ぼんやりとゆるく考えておくことで、いざサービスを開始してみて「当初の想定と違った!」となっても柔軟に対応できます。

あ、もう一つ。身近な誰かのために作るということは、たとえそのサービスがビジネスとしては上手くいかなくても「一人だけでも喜んでくれた人がいる、それだけでもう大成功と言えるんじゃないか」と自分を納得させることができるという利点もあります(笑)。

「起業したいけどなにをしたらいいかわからない」

若い子からそんな相談を受けることも多々ありますが、いつも僕はこう返しています。「なんでもいい、まずは身近な誰かが喜ぶことをやってみたら?」と。すべてはそこから始まるんじゃないかと信じています。

ゼロとイチの間にこそ、大事なものがある

起業家の中には「ゼロかイチか」「左か右か」と、極論で物事を進めようとする人がいます。

そもそも人は極端なことを求めがちだし、極端なことをしたがるところがあるので仕方ないかもしれません。楽だしね。ですが、僕はこういった極端な考え方はあまり好きではないです。どちらかというと、そのゼロとイチの間にある、「0.43」とか「0.62」あたりにこそ、本当に大事なことが隠れてるんじゃないかなと思っていたりします。

「ゼロかイチか」といった振り切り方は確かにカッコいいですし、時には必要です。 優柔不断でいろんなものごとを保留してばかりの僕にはなかなかできないので、うらやましいなぁと感じることもあります。

でも、そればかりだと、自分の主張が先走っていて、大事なユーザーにとってやさしいサービスはできませんよね。僕の会社でも「ゼロかイチか」の議論になることはよくありますが、そんなときは「その考え方をまずはやめよう」と言ったりします。

これは、僕自身が「偏らずぼんやりと漂っていたい」と考えているからなのかもしれません。

「これが正しい!」「あっちのほうが正しい!」と言い切ることも決して間違ってはいません。
でも僕は「こっちも正しいし、あっちも正しい」「どちらも正しいから、どうしようかねえ」と考え続けていたい。今すぐに答えは出せないけれど、答えを出すためにずっと考えながらサービスを作り続けることが、実はけっこう大事なんじゃないかなと思っています。

どこかの芝生は青い

もっと綺麗になる必要も、もっと幸せになる必要も、もっとモテる必要も、もっと年収があがる必要も、もっと自分らしくある必要も、全く無いんだからな!周りを見渡せばそんな情報ばかり、それは欲望を作り出してお金に変える仕組み、これを僕は「どこかの芝生は青い」システムと呼んでいる(今つけた)

「あなたはこんなところにいるべきじゃない、もっとあなたらしくいられる場所がどこかにある」なんて嘘っぱちの夢や希望を見せて欲望という名のニーズをマネタイズするのはビジネスにおける常套手段だからな!気をつけろ!

手紙を書くように

身近な人の顔を思い浮かべて、手紙を書くようにビジネスをつくる。何かをやろうとする時に、喜ばせたい誰かの顔が思い浮かばないものは、結局誰にも刺さらないと僕は思ってるよ。

例えば自分の親や友人が喜んでくれるようなことをしたいなーと思う時にF1層だのターゲティングだのマーケティングだなんて言葉は出てこないはずなんだな。そうやって綺麗な言葉で匿名化されて、誰に刺さってるのか良くわからない物がこの世の中には氾濫している。

起業するなら哲学を

起業をしたい子には、ビジネス本では無く、宗教や哲学本をお勧めするなあ。経営は結局のところ、他人や自分の心とどう向き合うか、が大半だから。宗教は最古の組織体でもある訳だしね。後は社会学本もお勧めかな。起業とは、社会や時代という大きな物語の中に、自分の物語を重ねることだから。

哲学や宗教本には別に答えなんて何も書いてないよ。何かやりたいけど何をしたら良いのかわからない、なんて子は、自分自身の物語が欠如していると思う。自分が起業などしなくても回るこの世の中で、あえて何かをやる意味や自分とは何かを考え物語を再構築する。そして宗教ではなく自身の物語を信仰する。

かつて宗教を信仰し信仰対象を絶対化することで、人は死や悩みや理不尽な事を相対化させ乗り越えてきた訳だけど、起業とは自身の物語にそれを求めることなんだと思う。即ち、コンプレックスや過去の辛い出来事を自分の物語の中で相対化させることで、その人だからこそやる意義のある事業が生まれる。

うーん。何を言ってるのか自分でもよくわからなくなってきてる笑

絶対化するもので言うと例えば就活なんかもそうで、あれは一種の信仰であり宗教だよね。だから内定が取れずに死を選んでしまったり、就活をしない人を排除してしまう。放射能も、排外主義も同じ様に思う。他に信仰を求めることは悪いことでは無いが、絶対化する対象を間違えてはダメだ。

自身の人生を物語にして自ら信仰することで、コンプレックスや悩みや過去の辛い出来事を相対化させてしまおう。そしてその替えがきかない自分だけの物語こそが、自分が何かをやる時の意義になり、共感する人を仲間に巻き込む力になる。起業や表現ってそういうことだと思う。

いじめ、家庭環境、就活、ニート、ブラック、震災。生きてるだけで理不尽なことだらけだよね。他人が軽く言える問題じゃないが、そのひとつひとつを絶対化させて執着してしまうと、より生き辛くなってしまう。苦しい作業かもしれないが、それらを自分だけの物語で包み込んで、相対化させてしまおう。

旅する本屋

旅する本企画をさらに深化させて、旅する本屋が出来ないかと妄想中。本を旅立たせたい人と、本のホームステイ先をマッチングする本屋さん。本を通じて知らない人同士が繋がって行く。リアル書籍だからこそ出来ることを追い求めたい。本が好きだから。ブクログを作ったのもそんな気持ち。

書籍の電子化は遅れつつも必ず進んでいく。その中でリアル書籍は高級嗜好品やコミュニケーションツールに変化して残っていくだろう。そう考えると書籍の役割が印刷革命期にまた戻りつつあるんじゃないかとも思う。そんな中で出来ること。まだまだたくさんある。

手製本がこの数年少しずつ盛り上がってきてるけど、少数部の手製本を講演などとセットで自ら手売りするのも面白いと思う。電子や取次ぎを通さないからこそ出来る書籍ビジネス。まだまだ可能性はある。

書籍に限らず電子に代替可能な製品は全て、リアルにおいて高級嗜好品やコミュニケーションツールとして残っていくんだと思う。

アマゾンより早いハヤゾン

ちょっと前にLivertyで一瞬だけやった「ハヤゾン」というサービス。これは「Amazonより早く本が届く」を売りにしていて、実際注文があると3時間くらいで届く。どうやってたか種明かしすると、うちのスタッフが本屋に張り付いていて、注文があるとそこで購入して自転車で届ける笑。

ハヤゾンの種明かしをすると「なんだバカバカしい」と思われるかもしれないが、これはこれでとても画期的だったと今でも思っているし、「今すぐ読みたい!」なんて、実際使いたいと思う時が多々ある。本屋があるんだから、在庫や倉庫なんていらないじゃん!という発想。

Livertyでやっていた、おつかいをお願いしたい人と、近隣で暇してる学生をマッチングする「僕のおつかい」も同様のサービス。今は一旦休止中だけど、アプリさえ出来れば、普通にタバコとかクリーニングをお願いしたいなあ、と思う。人さえいれば(自分含む)立ち上げられるビジネスって最強。

世の中を見渡してみると、有効活用出来るリソースなんてまだまだいくらでもある。配達を終えて帰るだけのトラック、飲食店の壁、深夜閉店後の映画館、昼間のバー、etc…。使えるものを使うところから始めてみたら、イニシャルゼロでビジネスを立ち上げられる。というわけでハヤゾン再開したい笑

何か新しい事を始めるにあたって、在庫や店舗やオフィスや人員を用意しなきゃいけない、なんて常識を疑って見る。起業するにはリスクをとらなきゃいけない、なんてのがそもそも思い込みだったりするんだよね。ネットで本屋をやるために在庫や倉庫なんて必要無い、近所の本屋から仕入れたらいい笑

起業芸術論

村上隆さんはすべてのアーティストは起業家である、と言った。逆もまたしかりで、すべての起業家はアーティストであると僕は言いたい。時代の文脈の中で事業を立ち上げ、世の中に投げかける。文脈を欠いたビジネスは薄っぺらさがすぐにばれ、客に選ばれずに消えていく。

物も情報もあふれてる今、面白そうだとか儲かりそうなだけで立ち上げるビジネスは淘汰される。過去を学び、時代を読み、自分がやるから意義があるものを。IT化であらゆるビジネスの障壁が下がり、新規参入や模倣が楽になる。その中で選ばれるものは文脈を持ったものになる。

怒りやコンプレックスを原動力にして、アーティストが作品をつくるようにビジネスをつくる。コンプレックスはあればあるほどいい。資本主義というキャンバスに絵の具をぶちまける。起業なんて特別なことじゃない。ものをつくることは自由を手に入れること。

既存のビジネス書やスクールではこういった事はなかなか教えてくれない。「お金が教えてくれること」ではちょっと書いてるけど(ステマ笑)、Livertyでは若い子たちに起業の前にモノづくりの考え方から教えたい。芸術起業論ならぬ起業芸術論。

いま興味のあること

いまビジネスも含めて興味のあること。空き家、大学、出版社、物々交換、地域通貨、定期販売、オンラインサロン。辺りを重点的に調査中。

いつものごとく興味はどんどん移り変わっていくので、それぞれが形になるかどうかは解らないけど、仕込んだものが後日、線となって繋がる瞬間がたまらなく楽しいんだよな。

雨風さえ凌げればそれで良いから、空き家はもうお洒落リノベーションをせずに都内でも月2万くらいで提供してくれたら良いのにな。僕らの体なんかはそこに置きざりにして、オンラインに思考を流通させ繋がりあう。まあ勝手に言ってるだけだと説得力無いので家主もハッピーな形を考えなきゃいけないね。

採用するアイデア

採用するアイデア、しないアイデアの判別の基準って何ですか?とよく聞かれる。単純に言っちゃうと面白いかどうかなんだけど、あえて僕らが何かをやらなくても地球は周り続ける中で、僕らがあえてやる意義、そしてやる以上は良くも悪くも波紋を起こせるものじゃなきゃ意味が無いと思ってる。

ウェブって参入障壁低いから、どんどん新しいサービス、ビジネスが出てくるけど、面白いアイデアが知らない間に消滅してくのはとても悲しい。僕は今のポジションで出来る事をやるしかないしむしろ利用してくけど、逆にそれを利用したいと思う人がいるならガンガン僕のとこ来たらいいと思う。

とか言ってもなかなかメッセージ返事出来てなくてすいません…と。

ゲリラ戦

こんなんじゃビジネスにならない、と固定観念の塊の経営者は意外と多い。だからこそチャンスはまだまだあるんだけどね。こんなんじゃ上手くいかない、利益なんて出る訳が無い、同業他社にそう思われたら勝ち。他人の想像出来ない場所で価値を作り利益を作る。若く力がない内はゲリラ戦で戦うしかない

ストーリー

運営者、製作者の顔が見えないウェブサービスは駄目だ。誰が、何故、そのサービスをやる必要があったのか。ストーリーの無い物には魅力が無い。今の時代、誰でもちょっと勉強すれば何でも作れちゃうからね。

ビジネスも同じ。顔が見えない会社が多い。もっと社長なりなんなりが顔を出してメッセージを発すべき。「俺が」「こんな想いで」「こんなことやってます!」小さい会社でも大会社でも関係無い。その想いに人が集まる。

逆算思考

【質問】月10万の仕事・・・私なりにあれから考えましたが有効な考えが思い浮かばず。家入さんは月10万の仕事、例えばどういった仕事をお考えですか?

質問への回答。月10万の仕事の作り方(の考え方)。逆算するんだよ。1) 今月給30万貰ってる人なら、1/3、要するに営業日で考えると10万を7日で稼げばいいから、土日を使って出来る事を考える。2) 10万を30日で割ると1日3000円。1日3000円稼ぐビジネスを考える。

1日3000円を稼ぐ為に、10人のお客さんから300円ずつ貰えるビジネスを考えてみる。こう考えてくと意外と出来そうじゃない?これに限らず、目標の前に立ち止まったら、いったん逆算して細かくして考えるといいよ。まずはそこから始めてみよう。何をやるかはその後でもいい。

1人の顧客から300円をいただけるビジネスが出来れば、売り上げを上げてくのはそんなに難しくなかったりする。例えば、何らかの有料オプションを用意する、上位プランを用意する、300円を月額制にして座布団型に積み上がるモデルにする、など。大事なのは仕組み化する事なんだ。

やばい輸入直送サービス「セブマート」

我らがハイパーインターネッツの最終兵器インターン、@yurikokai@0q7 がなんかいつの間にやら新しいサービスを立ち上げてました。

輸入直送サービス「セブマート」

物価の安いフィリピンで、あなたが欲しい物を私がお得に買ってきます!ユリコカイの輸入直送サービス、セブマート

開始して翌日には予定販売数がオーバーしちゃってもう終了してしまったみたいだけど。恐るべし。

主に企画したyurikokaiが今セブ島に語学留学に行ってるんだけど、そんな彼女に、酔った僕が電話で「せっかくセブにいるんだから、その間に一個でもサービス作って帰ってこい」と言ったらしく、それを受けて立ち上げたサービスらしい。なんと馬鹿正直な。僕、覚えてないし。ごめん。

でも感動したね。だってさ、一人でセブにいて、日本にいる仲間とスカイプで打ち合わせをしながら、1〜2日でさくっと一つビジネスを立ち上げちゃったんだよ。これってまじ凄いこと。お父さん誇らしいよ。勝手に仲間入りさせるけど、家入ファミリーのスピード感とマネタイズ能力やばいね。

そう、やってやれない事なんてないんだよ。今いる場所、今おかれてる環境、今だから出来る事を最大限に生かして、逆境すらプラスにする。てか、これぶっちゃけ、paypal貼っただけだからね。小規模ビジネスをやるのにそんなに難しく考える必要なんてないんだ。僕らは何だって出来る。

早く日本に帰っておいで。やばいサービスを一緒に作ろう。

【参考URL】
輸入直送個人ECセブマートにみる顔が見える個人による新しい発想のEC | The Startup
俺メゾン – 俺の俺による俺のための定期販売サービス

紡ぐ言葉

日本は海外に文化を切り売りしてくくらいしか生き延びる道は無いって数年前から思ってたんだけど、それと、最近僕が良く言ってる個人を切り売りして生きてくってのは似てるのかもしれないなーとか考えてる。

僕が点でやってる事を繋ぐ言葉が欲しい。

ペパボでやってきた事、最近個人で実験的にやってる切り売り生活実験、それをプラットフォーム化してビジネスに出来ないかの考察、スタートアップへの投資、カフェなど遊び場のプロデュース、そしてクラウドファンディング・キャンプファイヤー。それぞれは今はまだ点でしか無いけど、紡ぐ言葉がきっとあるはず。

学費パトロンもただの人助け慈善事業だとは思ってない。支援された意識の高い学生の有効活用(言葉悪いな)、継続させて運営していく為のビジネス化、そこで構築されたマイクロパトロンモデルの他への展開。僕ら側にもメリットがあるから動いてる。綺麗事だけじゃ継続出来ない。元も子もないけどさ。

そう考えると僕は、流行り言葉の様に使うのは嫌だけど評価経済社会において、個人が評価をお金に変える事が出来る仕組み作りに興味があるのかもしれない。昔も今も。