0円採用

今回僕がやっている様な給与0円採用はやりすぎだとしても、給与額だけで人材を集めようとしてもGREEやモバゲーの提示額には敵う訳がない。それなら軸をずらして、給与以外のメリット、やりがいや意義みたいなものを提示して募集するしか無いよね。そこにメリットを感じる方のみ応募してね、と。

人が集まらない、とただ愚痴ってる会社が多いけど、給与以外のメリットを何も提示出来てないだけなんだな。極端な事を言うと人はメリットを感じないと動かない。給与も低い、意義も感じられない、そんな会社に誰も応募しない。会社の物語を語って、その物語のいち登場人物になりたいと思わせなきゃ。

先日の給与0円採用、数十件も応募が来ている。学生、ニート、社会人、休職中、いろんな子が応募してくれてるけど、みんな何かやりたくてウズウズしてるんだな。ちゃんと返信するのでしばしお待ちを。みんなと会いたい。

週一くらいで0円家入塾みたいなのやりたいなあ。0円で働いてもらう代わりに、0円で起業を教えます。週1、月4回でワンクール。0円で毎月10人、1年で100人キチガイな起業家を産みだす笑。超やばい。

岡田斗司夫さんのFREEexは社員が社長に給与を支払う形の新しい組織だけど、僕らLivertyは給与0円で働いてもらう代わりに、出会いやきっかけや学びや起業といった”機会”を支払ってます。零式会社。まあ法人ですらないんだけど笑、現在200名以上メンバーがいてどんどん増えている。