ドラリオン

息子の誕生日プレゼントに、と結構前から予約していたドラリオン。見に行ってきました。いやー、よかった。いつもそうなんだけど、こういうの、見る前は多少馬鹿にしてるんだよね。心のどこかで。でも、圧倒的なパワーと圧倒的な(という言葉しか思いつかん)美しさを目の当たりにしちゃうと、言葉が出ないというか泣きそうになるというか鳥肌もんというかおっしこ漏れそうというか、上手く言えないけど感情のTSUNAMIに呑まれる感じがして、その瞬間はとても素直に感動してる自分がいてそういうのはまあ悪くないです。エレクトリカルパレードもそうだったな。あの時は脱糞だったけど。
こういう経験を小さいうちに体験しておくと、大きくなった時に夢(時には悪夢)の様に幻想的な記憶としてぼんやり残ってたりして、そういうのは何か創る時のイメージソースになったりするので良いね。
BGMはFairground Attractionで。