エクソダス

河野さんのエントリー。
売上アップを目的にすることから逃げない
最近増えてきたネットキャンペーンの類を見ててずっと違和感を感じてた。
確かにかっこよくて、面白いキャンペーンも多いんだけど、これってどういった人たちに突き刺さってるんだろう、と。GeekとFlasherだけじゃないのか。
比較するのが間違ってる気はするんだけど、最近よく映画の事を考える。100万人規模の人たちを一瞬にして感動させて、名作は後世に語り継がれる。もちろん歴史もかける予算も関わる人数もネットとは桁違いだけれども、ネットでそういうものがあるのかと。今後出てくる事は可能なのかと。IT会社をやっといて、こういう事を言っちゃいけないんだろうけど、絶望を感じてる部分があるような気がする。
上手く付き合いながら戦っていくしかないのだろうか。